伊勢神宮のお膝元で400年前から愛されてきた伊勢うどん。太くてやわらかい麺と真っ黒なタレ。あの独特の魅力をさらに深く追求し、全国に広く発信していくページです。


by 伊勢うどん友の会

プロフィールを見る

ブログパーツ

伊勢うどん関連リンク集

当会の活動や伊勢うどんの最新情報をもっとたっぷり知りたいあなたに!
⇒ facebookページ「伊勢うどん友の会」

石原壮一郎のホームページ「大人マガジン」にも、伊勢うどんのコーナーを作りました。
⇒ 大人マガジン内「伊勢うどん友の会」

三重県のことをもっと深く詳しく知りたいあなたに!
⇒ 「ミエ派のための三重講座」トップページ
⇒ 「ミエ派のための三重講座」伊勢うどんのページ
(エキサイトニュース愛知万博特集-2005年公開)

記事ランキング

検索

カテゴリ

IFMP
実食(三重県以外)
実食(三重県内)
実食(お土産、家庭用)
メディア情報
関連商品
お店・関連業界
豆知識・こぼれ話
イベント
その他

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マキタスポーツ 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..

その他のジャンル

ブログジャンル

中部
食べ歩き

<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

人気マンガ「めしばな刑事タチバナ」にも伊勢うどんが!

『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)の人気連載マンガ『めしばな刑事タチバナ』が、今取り上げているテーマは、うどん。しかも、コシなしうどんに着目するという伊勢うどん的には期待の展開。

先週から「次号は、きっと伊勢うどんが登場するはず!」とワクワクしながら待ち構えていました。
そして、期待と緊張に胸をふくらませながら今週号をめくったら……。

b0265293_13234678.jpg


たしかに伊勢うどんは出てきましたが、登場からわずか3コマ目で、
「ただしこれは特殊な“名物料理”系なので深入りせずに……」
そんな冷たいひと言であっさり次の話に。

タチバナ刑事、もっと深入りして!!

ま、あんまりかまってもらえなかった寂しさは残りますが、こうやって「コシなしうどん」の魅力を熱く語っていただけて感無量です。

コシなしうどんの夜明けは近い!

引用『週刊アサヒ芸能』2012年10月4日特大号掲載「めしばな刑事タチバナ」(原作:坂戸佐兵衛、作画:旅井とり)より
by iseudontomonokai | 2012-09-30 13:00 | メディア情報

『料理男子』の「めんラブ♥」特集にも伊勢うどんが登場!

「めんラブ♥」の特集に惹かれて、コンビニで買ってきた『料理男子』vol.6(プレジデント社)。
読み始めたら、なんと特集の一ページ目(写真右)に「伊勢うどん」の文字を発見!

作り方のページにも〈スーパーで売っているゆでうどんでも、伊勢うどんのような「バリやわ」が家で味わえる〉という記述がありました。

ああ、嬉しや。いわば、特集のメインは伊勢うどんってことですね(「伊勢うどん」の文字が出てきたのは、この2カ所だけでしたが)。

来てますよ、伊勢うどん!!
b0265293_1316394.jpg

by iseudontomonokai | 2012-09-30 12:30 | メディア情報

雑誌『野生時代』に「伊勢うどん」の文字がデカデカと!

今発売の『野生時代』2012年10月号(角川書店)に伊勢うどんが!

なんとビックリなことに、給食系男子の「レッツ!粉もの部」の連載がスタートしたんですが、第一回のテーマは「うどん」。
光栄にも担当させていただいた冒頭のコラムで強引に伊勢うどんへの愛を高らかに謳い上げたり、メンバーで伊勢うどん作りに挑戦したりしました。
もちろん、伊勢うどん以外のうどんの話もたっぷり載ってます。

伊勢うどんと関係が深いページを中心に、こっそり公開します。
詳しくは、ぜひ実物を書店でお買い求めいただきたく!
b0265293_13115747.jpg

by iseudontomonokai | 2012-09-30 12:00 | メディア情報

【覚え書き】伊勢湾フェリーでカップの伊勢うどんが!?

鳥羽と伊良湖を結ぶ伊勢湾フェリーの売店に、カップの伊勢うどんがあって、その場で食べられるようです。
どなたか、乗る機会がある方はぜひ確かめてみてください。

 伊勢湾フェリー

昔は松阪に帰るときに乗ったこともありましたが、最近は高速道路が整備されて、フェリーを使うよりそのまま走ったほうが早いんですよね……。
でも、伊勢うどんの調査のために、次にクルマで帰るときは久しぶりに乗ってみようかな。

未確認ですけど、たぶん、このかいだ食品さんのものではないかと。
b0265293_1333617.jpg
by iseudontomonokai | 2012-09-29 13:04 | 豆知識・こぼれ話

伊勢うどん実食レポート】三重・津市伊勢自動車道「安濃サービスエリア(上り)『伊勢津』」

8月半ば、甲子園応援の感動の余韻を引きずったままの三重からの帰路に、また新たな感動に出会うことができました。

伊勢自動車道・安濃サービスエリアで伊勢うどんが食べられるという噂は聞いていました。その素晴らしいお店はフードコートにある「伊勢津」。メニューに並ぶ伊勢うどんを実際に目の当たりにすると、感動に打ち震えずにはいられません(写真左下)。

⇒ NEXCO中日本 安濃SA(上り)

SAに立ち寄ったのは午後10時前。ご飯を食べて実家を出てきたので、まだお腹がいっぱいです。しかし、伊勢うどんを目の前にして素通りするわけにはいきません。
係のおじさんに聞いたら、お店は夜1時までやっているとのこと。急ぐ旅ではなし、その先の四日市あたりが渋滞していることもあって、仕事などしつつお腹がすくのを待つことを決断しました。

12時を過ぎて、さて頃もよしとメニューを吟味。ここは華麗に、未体験の「カレー伊勢うどん」(600円、写真中央)に挑んでみることにしました。
チラチラ見える豚肉と、デンと鎮座するかまぼこがゴージャス感を演出してくれています。やわらかい麺に適度にスパイシーでダシの香りも豊かなカレーが念入りに絡まり会って、ひと味違う深いおいしさを醸し出しています。さすが伊勢うどん! コシ重視の麺には真似のできない芸当です。

ここ安濃サービスエリアの売店は、お土産の伊勢うどんがこれでもかというほど充実しています(写真右下)。三重にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
ちなみに、サービスエリアの外観(写真右上)は、伊勢のおかげ横丁をイメージしているそうです。

b0265293_12552874.jpg

余談ですが、ここの場合、「なんていうサービスエリアだっけな……?」と名前を忘れても大丈夫。誰かに「ほら、あの、あのーサービスエリア……」と尋ねれば、相手が「あっ、安濃サービスエリアですね」と教えてくれます。
by iseudontomonokai | 2012-09-29 12:56 | 実食(三重県内)

「伊勢うどん友の会」のキャラクター「たぬどん」です!

b0265293_0423519.jpg
こんにちは!
伊勢うどんタヌキのたぬどんだよ。

自慢じゃないけど、伊勢うどんを手に持ったタヌキは、世界で一匹だけだよ。
これから、伊勢うどんのある場所や伊勢うどん関連のスポットをどんどん訪ねていくよ。



というわけで、すでにチラチラ登場していますが、当「伊勢うどん友の会」のキャラクターを作ってみました。
元々はお酒の壺を抱えていましたが、おかげ横丁で買った「ふくすけ」の伊勢うどんストラップと、爪楊枝で作った箸を持たせて、伊勢うどんタヌキが誕生。うどんにちなんで「たぬどん」と名付けました。

ちなみに、背景のノボリは楽天で探して買ったものです。
縦180センチもあって、けっこうな迫力です。部屋を伊勢うどん色に彩ってくれています。

キャラクター設定は、まだ模索中ですが、すでにあちこちで活躍しています。
たとえば、こんな感じで。

b0265293_0531274.jpg

ビールを飲んでみたり。

b0265293_054099.jpg

池袋をパトロールしたり。

b0265293_0595672.jpg

高円寺に阿波踊りを見に行ったり。



伊勢うどんの魅力を広めるために、これからもがんばります。
今後ともよろしくお願いします。
by iseudontomonokai | 2012-09-03 01:07 | その他

【緊急!】9月2日は代官山の蔦屋書店で「小さな伊勢の相談会」

代官山の蔦屋書店で、9月1日と2日の2日間、旅行書コーナーで「小さな伊勢の相談会」が行なわれています(13時~17時)。
伊勢の河崎でカフェ「モナリザ」とワインバー「珠家」をやっているはしもとゆきさんが、伊勢の耳より情報を伝授。神宮のことから伊勢うどんのことまで、どんどん聞いてみましょう!
b0265293_9192210.jpg

(手に持ってくださっているのは、当「伊勢うどん友の会」のキャラクター「たぬどん」です)


伊勢神宮関連本や、はしもとさんが作ったマニアックな伊勢マップ、おいしいお菓子「サトナカ」など、楽しい伊勢グッズもたくさんあります。
デザインの力で伊勢を盛り上げている中谷タケシさんが作ったオシャレな伊勢うどんも!
b0265293_9134348.jpg



伊勢市観光協会のブログのはしもとさん担当のページ
⇒伊勢・河崎で中谷さんが運営する“発信現場”「ネオ・ウメダ
⇒中谷さんのブログ「NEWSBOY


私も初日(1日)に、うかがってきました。一番乗りでした!
貴重な伊勢うどん情報など、楽しいお話をありがとうございました。
by iseudontomonokai | 2012-09-02 09:29 | その他

【伊勢うどん実食レポート】東京・小竹向原「魚菜酒房『樽見』」

伊勢のうどん屋さんで生まれ育った女将さんが、伊勢うどんスピリッツを東京に伝えてくれている「魚菜酒房『樽見』」で、8月半ば、伊勢うどんオフ会を開催いたしました。

樽見(食べログ)

有楽町線の小竹向原から歩いて5分くらい。住宅街の一角に静かに佇む居酒屋で伊勢うどんが食べられるなんて、誰が想像するでしょうか。
広くてきれいな店内は、この日も厳選素材のおいしい料理と笑顔が素敵な美人女将(写真右上)と、そして伊勢うどん目当て(推測)のお客さんで超満員でした。

b0265293_8561660.jpg

いきなりのオフ会開催の呼びかけに応えてくださったのは、いずれも小竹向原に自転車で駆け付けられるご近所のみなさま。美男美女カップルのI夫妻と美女のT嬢です(写真左下)。

お刺身も天ぷらも酢の物も、どれもこれも、伊勢うどんを出してくださっているひいき目で言うのではなく、本当に絶品でした。しかもリーズナブル。万が一、伊勢うどん目当てではなくても、小竹向原に繰り出す価値が十二分にあります。

ひとしきり食べて飲んで、いよいよ待望の伊勢うどん!
白くまぶしく輝く麺は、三重の加藤製麺から取り寄せたもの。
そっと載せられた揚げ玉が、やわらかい麺と甘辛いタレのおいしさを一段と引き立ててくれます(写真中央)。
卵をトッピングするもよし、そのままもよし。

そして、食べ終わったあとに、さらなるお楽しみが!
「子どものころは、いつもこうやって食べてたんですよ」
と言う女将さんのオススメで、残ったタレに白いご飯を投入(写真右下)。
これがまた、未知のおいしさ! 4人ともすでにお腹いっぱいでしたが、すんなり完食。伊勢うどんの新たな魅力を知ることができました。

かつて甲子園常連校だった三重県の某高校で、チアリーダーとして活躍していた女将さん。甲子園にも何度も行って応援したとか。母校の甲子園出場で興奮していた私にとって、そういうお話を伺いながら食べる伊勢うどんの味は、また格別でした。
by iseudontomonokai | 2012-09-02 08:58 | 実食(三重県以外)